ブログ

「ゆるせない、でも、離婚もできない…」相手のためにゆるすのではなく、自分のためにゆるす

結婚相手を許すイメージ

こんにちは、香川の高松探偵です。

こんな季節なのに夜中に蚊の羽音で目が覚めました。

手の指を刺されていました。

かゆいんですよね、こんなところは。

 

一度目が覚めると中々眠れなくなります。

 

 

そんなときは本棚に目をやります。

昨夜は「ゆるすということ」という本を開きました。

何年も前に一度読んでいるので

パラパラっとめくってみました。

この本で私が学んだことは

「相手のためにゆるすのではなく、自分のためにゆるす」ということです

 

ゆるすことによって、もちろん相手も気持ちが楽になりますが

自分もずっと楽になるはずです。

「ゆるすことが最大の復習である」「弱いものほど相手をゆるすことができない」

「ゆるすことは自分の健康にも繋がる」…。

 

私は探偵ですから自ずと「ゆるす」ということと

不倫、浮気を結びつけて考えてしまいます。

 

不倫が発覚。話し合い。結婚生活の継続。

そこで重要なことは「ゆるす」ということだと私は思います。

 

もし、ゆるせない、でも、離婚もできない…。

そんな日常は決して幸せではないと思います。

相手のためにはもちろん、

自分の幸せのために「ゆるす」勇気と決意をしてみませんか。

 

と言いながらも、果たして自分にはできるか、疑問です。

ただ、相手のためだけではなく、まず自分の幸せのために「ゆるす」ということを自分の思考のなかに置いておきたいと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー

事例紹介

フォーチュンお役立ち情報

浮気調査豆知識 浮気発見マニュアル フォーチュンニュースチャンネル
ページ上部へ戻る