高松探偵のブログTANTEI BLOG

11Jul 2019

夫が風俗に通うのは「家庭に不満」「妻が嫌い」「離婚したい」ではありません。ではなぜ?

浮気している夫に一言。
「そんなに遊びたいんだったら、風俗にでも行けばいいでしょ!」
無防備にもこんな一言を放ったことのある妻たちは多いのではないでしょうか。

もしかしたら世間一般でも
「風俗なら、そんなに騒がなくても」…みたいな認識があるかも。

キャバクラ、ホテトル、ソープに群がる男たち。
頭の中は、「素人の女じゃないんだし」「浮気じゃない」って感じ。

じゃあ、
「風俗通いくらい、なんてことはない」!?
本当にそうでしょうか。
相手がOLだろうと、風俗嬢だろうと、妻にとっては不貞は不貞です。
気持ちのいいものであるはずがありません。
許されるものでもありません。

夫にしてみれば
罪の意識は薄く、妻と離婚なんて毛頭考えていません。

家庭を壊して風俗嬢と生きる…そんな考えに陥る夫も皆無とは言いませんが、ないでしょう。
だから、夫たちは家庭では、ごくごく普通です。
罪悪感はチョビッとだけは、あるかもです。
風俗に普通に行って帰宅して、普通に子供と遊んだり、家族で普通に食卓を囲みます。
ちょっと寄り道して帰ってきた感じです。
本当に、普通なんです。

でも、夫の風俗通いを知ったこちら側(妻)にしてみれば
そうはいきません。
平常心でいられるはずがありません。

お金だってかかってるはずです。
決して少額ではないでしょう。
放っておいたら取り返しのつかないことになるかもしれません。
気がついてみれば多額の借金、などということになり兼ねない。

それに、風俗嬢だって職場を離れたら普通の女性です。
夫の存在が
不特定多数の客の一人から、特別な一人になってしまわないとも限りません。

お金を払わなくてもいい、普通の付き合いになってしまったら
「離婚」の危機だって招きます。

彼女たちだって仕事を離れた男と女の関係、恋愛、結婚を望んでいないわけではないのですから。

繰り返します。
夫が風俗に通う背景は「家庭に不満がある」「妻が嫌い」「離婚したい」ではありません。
ただ、そこに発展してしまうリスクは大きいのです。

そして、風俗通いをやめさせるのはかなり困難です。
少しの間やめていても、また通います。
再発、再発…です。

これは「本能」のなせるイタズラです。

夫自身が心底懲りない限り続きます。

「じゃあ、どうすれば懲りるの?」ということになりますよね。

夫の性欲が弱るか、妻のあなたがホトホト嫌気がさして本気で離婚を覚悟して行動するか…
そんなところでしょうか。

過去の事例ですが
妻の浮気を疑った夫からの調査依頼で明るみに出たのが
出会い系サイトの男性と次から次へ不貞を重ねていく妻の姿、でした。

彼は、離婚を選択しませんでした。

FORTUNE KAGAWA

関連記事