浮気調査は香川県高松市の探偵事務所【フォーチュン香川】へ

ブログ

ときめかなくなった妻を、夫を、思い切って断捨離するリスク

0b90d7f22681efa4c6ab1ad8537f90e3_s

「一番の断捨離は旦那!」などと悪態をつく妻の顔が浮かぶのは私だけかな~。
まあ、こんなことを笑い話にできるのは平和な証拠。
で今朝の新聞のコラムに
アメリカ在住の片付けコンサルタント近藤真理恵さんのことが紹介されていました。
7年前に刊行した『人生がときめく片づけの魔法』がなんと世界42ヵ国の言語に訳されたというから驚いてしまいます。

地球規模で断捨離ブームなのかもしれません。

書の中には
「ときめきを感じない物は思い切って捨てる」
「部屋の乱れは心の乱れ」
「捨てる品には感謝の言葉を添えて」など
断捨離の極意が書かれているようです。

…今日書店に在庫確認すると他の支店からの取り寄せということで後日目を通したいと思います。

話しを戻して
「ときめきを感じない物は思い切って捨てる」

そう言えば
「夫にときめいたりしない」
「妻にときめいたのは3年くらいかな。そんなもんでしょ」…

そんな言葉が聞こえてきそうです。
まあ、夫や妻は物じゃないので
「思い切って捨てましょう」などとは決して言いません。

できれば永久の愛を誓ったあの頃を思い出して
互いに思いやっての日々を重ねていきたいものです。

新聞のコラム中には
…いとも簡単に物が手に入る反面、誰もが持ち物にからめとられている…と記されてあり
これは物だけじゃなく人間関係も表面的には同じかも知れません。

今やSNSを通しての出会いや
個別電話、ラインの普及でいとも簡単に出会ってしまう人と人。
男と女。

既婚者もそうでない人も。
そこで始まる、浮気、不倫、詐欺や殺人事件まで。

簡単に出会ってしまって抜き差しならない状況に陥ってしまう人も多いはず。
特に男と女…。

ときめかなくなった妻を、夫を、思い切って断捨離するには
リスクが大き過ぎます。

社会的信用はもちろん
職を失うことだってあるのですから。
それに後悔の方が大きかったりもします。

ただ刺激が欲しかっただけなのに
引くにもひけず
離婚にまで流されてしまったするか知れません。

人間だから不倫が100%悪だとは言いません。
ただ、繰返しますが
リスクは想像以上に大きいのです。
浮気、不倫専門の探偵社ですから毎日のように不倫問題と向き合っている私たちが
声を大にして伝えます。

今、渦中にあって心を痛めているなら一日も早くご相談ください。
必ず解決します。

断捨離の話しからここまで引っ張ってしまいましたが
捨てる物を精査しながらこんなことを思いました。
最後に
アメリカではスプリングクリーニングといって3月、4月に大掃除をする習慣があるとか。
日本でいう衣替えでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メニュー

事例紹介

フォーチュンお役立ち情報

浮気調査豆知識 浮気発見マニュアル フォーチュンニュースチャンネル
ページ上部へ戻る