香川県の探偵(興信所)事務所|浮気調査は高松市のフォーチュン香川にご相談ください。

香川県高松市中野町1番3TNJ高松中野町ビル2F

ブログ

江戸時代には不倫をした者は両者死刑!!

1147225

七月の空です。
月が変わっただけで
気分も変わります。

今年も猛暑の予想。
一昔前までは気温が30度を超えると驚いていた日本の夏だったのに
今では30度なんて当たり前ですよね。

去年は40度超えを記録した所もあったように記憶しています。
それにしても
今朝は空が青いです。
暑くなりそうです。
水分補給に気をつけて任務にあたりたいと思います。

先日のこと。
夫の不倫が明らかになった妻が
「不倫は犯罪ですよね」と少々興奮気味に言いました。

正確に言うと
「不倫は犯罪ではありません」。
刑法に記されていないからです。

ただし刑法裁けないいトラブルを解決する民法によって
「不法行為」となり
民事責任を問われることになります。

今や横行しているともいえる「不倫」。
今では刑罰にあたいすることはありませんが
時代を遡ると
「犯罪」でした。

江戸時代には
不倫は不義密通と呼ばれ
それを犯すと
なんと両者死刑になったとか。
さらに不倫された夫は不倫した妻を殺してもいいと定められていたそうです。

ところで、不倫された妻は不倫した夫を殺してもよかったのでしょうか?
男尊女卑の時代、きっとあり得なかったでしょう。

時代は変わり
明治時代には姦通罪という罪名に変わり
罰せられるのは
結婚している女性だけで
不倫夫は無罪だったのです。

不倫は男の甲斐性
男は不倫する生き物…

夫の不倫に対するあまさは
こんな時代をルーツとしているのかもしれません。

現代では刑罰には充当しないものの
民法によって罰せられます。

一つは慰謝料などの経済的制裁です。
これは最近では周知されています。

個人的な意見かもしれませんが
もっと怖いのは社会的制裁だと思います。
不倫はプライベートな問題だから会社にバレたりすることはないはず、
と思っていたら大違いです。

もしかしたら
慰謝料をより多く請求するために
会社の給料を仮差し押さえされるケースもあります。

会社に通知が届き
職場にも不貞行為が知られることになります。

キャリアや信頼を失ってしまうことになりかねないのです。

キャリアや信頼を得るには相当な努力と時間が必要です。
でも、壊れるのは簡単。
そして再び得るには大変な時間と努力が必要です。

昔は重罪だった不倫。
今では犯罪とは言えないものの
経済的制裁、社会的制裁のリスクを負う不法行為。

それでも不倫は無くなりそうにありません。

こうして書きながら
考えながらも

しかたないかな~と思うだけです。
ただし、不倫は人を傷つけ、自分も傷つきます。
できれば避けて通りたいですね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る