探偵 浮気調査 香川県高松市で創業21年の信頼と実績の探偵社フォーチュン香川

香川県高松市中野町1番3TNJ高松中野町ビル2F

ブログ

浮気の代償の大きさに気づくその時

59882d187535572feaadcdfd2f8392d3_s

常套句かも知れませんが
「春の足音は確実に近づいてきています」
ちょっと嬉しいです。
まだまだ冷たい風の中で凛と咲く梅に
なんとなく勇気をもらってる私です。

さて、いきなりですが、「W浮気」増えています。
この場合、浮気妻はかなり真剣に恋に落ちている場合が多いように思います。
「恋」というよりも「疑似恋愛」かな。

先日、相談に来られた夫。
妻が浮気をしているという確信を持って訪ねて来られました。

「妻は離婚の準備を始めているようです。子供にもそんな話を投げかけている。私と離婚して浮気相手の男と結婚するつもりです。相手にも奥さんや子供もいるというのに」とのこと。

探偵の私のカンとしては
「相手の男は離婚なんて考えてない」と思いながら調査依頼を受けました。
案の定、相手の男は単なる「遊び」。
自分の妻に浮気がバレないかと、怯えている状態です。
「バレないうちに、終わらせたい」というのが本音。
舞い上がっているのは相談者の妻だけ。
それなのに、妻の頭の中は嘘で固められた「疑似恋愛」に夢中。
子供を連れて、家を出て行く準備まで始めているのです。

そして、舞い上がっている不倫妻は、周囲の友達にも
「離婚して、好きな人と結婚する」などと自ら吹聴していました。
まさか、騙されているとも知らず。
疑似恋愛の最中には、
まさに盲目です。
自分にとって何が大切なのか。
見えていません。
浮気相手の男さえいれば、自分は幸せだと思っているのです。

ただ、相手は「離婚」なんてしません。
浮気妻との「結婚」なんて考えていません。
疑似恋愛を楽しんでいた不倫夫と
疑似恋愛に夢中になっていた不倫妻との間には大きな溝があったのです。

当然ですが、「浮気」には終止符が打たれます。
その時に気づくはずです。
浮気の代償に!
自ら不倫を吹聴したのですから
友人たちからの冷たい視線。
仲良しだったママ友からも、誘われなくなりました。
身内からの批判も、もちろんです。

友人も、ある意味社会的信用も失ったこの浮気妻にとっての唯一の救いは
「夫」でした。
人の良さそうな夫は、妻を許し修復を望み
妻を受け入れました。

これまでにも何度も書きました。
「浮気」の代償は本当に大きい!
想像以上に大変です。

たとえ略奪愛を実らせたとしても
ハッピー、ハッピーで終わることはありませんから。
それでも、続けますか?
浮気まっただ中のあなた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る